はちみつで美しく

ブーム到来?はちみつの基礎知識 - はちみつで美しく

ブーム到来?はちみつの基礎知識

近年、はちみつがブームになっているようです。
テレビの情報番組でも取り上げられて、いろんな料理に使ったり、スキンケアに用いたりと、今まで知らなかったはちみつの効能が紹介されていました。
「はちみつって本当にスゴイの?」という人もいるでしょう。
そこで、はちみつ初心者でもよくわかる、はちみつ基礎知識講座を始めちゃいます。
勉強することは大まかに分けて、はちみつの種類、はちみつの成分・効能、美容効果、料理のレシピなどです。

そもそもはちみつが養蜂として人間の生活に登場したのは紀元前6000年ごろといわれています。
ミツバチが採取する花の種類で味や香りが違ってきますが、世界には約1000種類もあるそうです。
アカシアやレンゲは有名ですが、最近の人気はみかんだそうで、変わったところではコーヒーの花から取ったはちみつもあるとか。
淡い色のはちみつの方が万人が好む味で、料理などにも会います。
色の濃いものは個性が強いのですが、鉄分やミネラルは多く含んでいます。

はちみつの主成分は糖分が80%で残りの20%が水分といわれています。
糖質の約半分を占めるのが果糖です。
はちみつと砂糖を比べると、甘みが強いはちみつの方がカロリーが高いように見えますが、砂糖100g約384kcal、はちみつは100g約294kcalとはちみつの方がカロリーは低く、はちみつを砂糖の代わりに使うなら1/3から半分の容量で十分です。
ダイエット効果が期待できると言われるのもこのせいです。
はちみつにはシミやくすみ、肌荒れなどのトラブルを解消する優れた美肌効果があることが知られています。
天然の美容液と言われる所以です。最近、特に美容や予防医療にいいということでマヌカハニーも注目されています。

はちみつにはビタミンB・ビタミンC・カリウム・カルシウムなど豊富な栄養素が含まれているほか、高い保湿力があり、肌や唇の乾燥防止や傷口の修復に劇的な効果があることで知られています。
ここで、簡単にできるはちみつスキンケアをご紹介しましょう。
クレンジングにはちみつを混ぜてメイク落としに使うと、保湿しながら毛穴に詰まった皮脂をしっかり取り除き、優しく汚れを落としてくれるのでおススメです。
乾燥肌の人は化粧水にはちみつを少量混ぜて肌につけると保湿力が発揮されて、長い時間、肌の乾燥を防いでくれます。
はちみつは優れた抗菌力や殺菌力があることでも有名です。
頭皮マッサージにはちみつを用いると、毛穴に詰まった汚れが落ちやすくなり、頭皮が清潔に保て、嫌な臭いなども防げます。
また、頭皮がほどよく保湿され、乾燥などから生じるフケの予防としても期待できます。

また、はちみつは摂取することで、内側から身体の状態を整えてくれます。
ハニージンジャーは手軽に作れて便利です。
はちみつ2:すりおろし生姜1を混ぜるだけ。
紅茶などに砂糖の代わりに入れたり、サイダーに入れて手づくりのジンジャーエールにしたり……。
砂糖や醤油と合わせると生姜焼きなどの調味料にもなります。
生活のあらゆるシーンで活躍するはちみつをぜひ取り入れて、美肌作りに役立ててください。

top